夏こそスキンケアでシミ予防

夏こそスキンケアでシミ予防

肌の基礎代謝を上げることはシミ予防に対して大きな恩恵があるかと思います。肌細胞は周期的にターンオーバーを繰り返しています。

 

ターンオーバーとは最近はよく耳にするようになりましたが、肌細胞の新陳代謝のことです。人間の皮膚は周期的に新しい細胞に生まれ変わり、古い細胞は角質となって表皮に蓄積されていくと言われています。

 

これを肌のターンオーバーというのです。メラニン色素沈着によるシミも、シミの発生からすぐであればターンオーバーを繰り返してやがては消えていくことも可能性にあるのです。そのためには肌のターンオーバーを正確に整えてあげる必要性がありますよね。

 

まずはクレンジングと洗顔で肌に汚れを取り除くことが大切です。次に十分な水分補給が鍵になります。冬季に肌が乾燥しやすいことは誰でも知っていますが、夏場も意外と紫外線によるダメージで肌が乾燥しています。

 

夏にこそたっぷりと水分補給が必要になるのです。化粧水だけではなく乳液、クリームなどで潤いに蓋をすることが大切です。

 

クリームのベタつきが苦手という人でも今は感触ごとに選べる保湿液というものがあるので大丈夫です。スキンケア次第でシミのない肌は可能になるということを覚えておきましょう。

 

 

夏のシミ対策にはスキンケアで保湿を重視

紫外線量が増える4月から9月辺りはシミや肌が老化しないように、紫外線対策を行っている女性がほとんどです。
一番紫外線量が増える夏には、さらに普段のスキンケアに加えて、美白ケアもしっかり行っていきましょう。

 

しかし、夏に意外とおろそかにされがちなのが保湿です。
皮脂や汗が出やすい夏場は保湿すると肌がベタベタするからと、さっぱりタイプの化粧品ばかり使っていると肌が乾燥してしまいます。
また、室内はエアコンが効いていて湿度も低めですから、余計に肌の乾燥が進んでしまいます。

 

乾燥とシミには大きな関係があり、乾燥した肌はバリア機能が弱くなっています。
通常の肌なら防げる紫外線でも、バリア機能の低下で肌が影響を受けてしまって、肌の奥でどんどんメラニンが作られてしまいます。

 

肌が乾燥すればするほどシミができやすくなりますから、夏場の保湿もしっかりと行いましょう。
さっぱりと使えて浸透力が高くオイルフリーの夏向き保湿剤もたくさんあります。
冷感タイプで塗るとひんやりして心地良い保湿剤もありますから、上手に生かしていきましょう。

 

しっかりと保湿ができていてこそ美白ケアが効いてきます。
美白化粧品の浸透も良くなりますから、メラニンを抑制する効果も高まります。